侵入検知

人の立ち入りを検知して通知する、安全アラート機能

侵入検知

侵入検知とは

侵入検知とは、カメラを利用した「人」の危険エリアへの立ち入りの「見える化」システムです。

ビューワーソフト上であらかじめ指定したエリアに「人」の立入りを検知すると、管理者へメールで通知することができます。

また、検知記録をもとに人を検出した画像だけを検索・確認することも可能です。

東芝ライテックのViewLED™ソリューションを利用

ViewLED(ビューレッド)

カメラ付きLED照明 ViewLED(ビューレッド)で高品質な人物検知

映像撮影用に、東芝ライテックのカメラ付きLED照明 ViewLED(ビューレッド)を利用することで、天井からの映像撮影が可能となり、人の重なりがなく、作業状態が分かりやすい真上からの画像と、東芝グループ独自のAI画像解析により、 「人」を認識することで、誤認識が少ない検知を可能とします。

※ViewLEDは、東芝ライテック株式会社の登録商標です。

侵入検知の仕組み

東芝グループ独自のAI画像解析技術と、カメラ付きLED照明 ViewLEDを利用して 誤認識が少ない人物検知を実現しています。

侵入検知の仕組み 侵入検知の仕組み

侵入検知のポイント

01検知エリアを自由に指定できる

カメラの全画角の場合、検知アラートが多数発生する場合があり、本当に検知したい「人」を見落としてしまいます。

ViewLEDソリューションの侵入検知では、人の立ち入りを監視したい「危険なエリア」と、危険な機械などが配置されている「機械エリア」を併せて設定することで、より詳細な条件での侵入検知を実現することができます。

検知エリアを自由に指定

02検知条件の調整ができる

人の出入りの激しい場所など、検知アラートが多数発生してしまうような場合、検知条件を調整することで、より詳細な検知を行う事が可能です。

検知エリアを自由に指定

03LED照明 + カメラで人の重なりのない撮影が可能

カメラ付きLED照明 ViewLEDでは、天井照明位置から撮影が可能な為、人の重なりがなく、作業状態が分かりやすい映像を撮影することができます。

LED照明 + カメラで人の重なりのない撮影が可能

04検知時にメールや、ブラウザに通知

侵入検知が発生した場合に、事前に登録していただいたメールアドレスや、ブラウザにプッシュ通知することや、外部デバイス(パトランプなど)を利用した通知を行うことができます。

※プッシュ通知は一部のブラウザのみ利用可能となります。

検知時にメールや、ブラウザに通知 メール

活用方法

工場

工場
  • 施設の安全管理
  • 危険検知の自動化
  • 業務効率の改善

学校・保育園

学校・保育園
  • 登校、登園の見守り
  • 外部侵入者の監視

医療、福祉

医療、福祉
  • 施設の安全管理
  • 患者・利用者の入出の管理

お問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-6435-9003

受付時間(平日09:00〜18:00)

ウェブでお問い合わせ

導入相談などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Google フォームに移動します

資料請求

Ciao Cameraのサービスガイドをお送りします。

お問い合わせ

Google フォームに移動します