タイムラプス

カメラ画像を低フレームレートで保存・表示

タイムラプス

タイムラプスとは

タイムラプスは、動きの少ないカメラにおいて映像ではなく
低フレームレートのコマ送り画像として保存・表示する機能です。

映像の変化が少ないロケーションに最適

ポイント

01映像の変化が少ない
ロケーションに最適

タイムラプス機能は、河川の水位監視など、映像の変化が少ないロケーションでの利用に適しています。

タイムラプスは、カメラの映像を間引きした画像を表示する為、最低限の情報なので確認しやすくなります。

映像の変化が少ないロケーションに最適

02低価格

クラウドに保存するデータ量が少ない為、通常の映像に比べ、ランディングコストを安く抑えることができます。

低価格

活用方法

河川・アンダーパス

河川・アンダーパス
  • 河川の水位の監視
  • 大雨時のアンダーパスの監視

駐車場・コインパーキング

駐車場・コインパーキング
  • 駐車状況の可視化
  • 迷惑駐車を監視

道路

道路
  • 道路の凍結状況の監視
  • 道路の渋滞状況の監視

Ciao Cameraで出来ること

防犯カメラ・監視カメラとしてのご利用は勿論、
AIを利用した画像解析、マーケティングなど幅広くご利用いただけます。

侵入検知

性別・年齢別 人数カウント
人の立ち入りを検知して通知する、
安全アラート機能
侵入検知とは、カメラを利用した「人」の危険エリアへの立ち入りの「見える化」システムです。

性別・年齢別 人数カウント

性別・年齢別 人数カウント
人数カウント
監視範囲を通過した人物の、年齢、性別、来客者かスタッフかを判別して人数をカウント、結果をグラフ化します。

ヒートマップ

ヒートマップ
混雑を可視化
人が滞留する場所を色で表示して、混み合う場所が時間単位でわかります。
店舗やイベント会場、道路、駐車場の混み具合などを可視化するので、レイアウトやスタッフの配置の最適化に役立ち、市民の迅速な行動に繋がります。
特許技術

タイムラプス

タイムラプス
カメラ画像を低フレームレートで保存・表示
タイムラプスは、動きの少ないカメラにおいて映像ではなく低フレームレートのコマ送り画像として保存・表示する機能です。

モーション検知

モーション検知
人、物の動きを検知
監視範囲に動きを検知すると、指定のメールアドレスにメールを送付。夜間や休日のオフィスや工場、立ち入り禁止区間などの人の出入りを監視します。また、河川や海岸、山岳地帯の災害検知にも応用できます。

ライブ・録画視聴

ライブ・録画視聴
高画質な映像を遠隔からでも視聴可能
いつでも、どこからでも、現場の様子を確認でき、再生したいカメラや日時の指定、連続および繰り返し再生が簡単に行えます。

マルチデバイス

マルチデバイス
複数のデバイスで視聴可能
PCはもちろん、スマートフォン、タブレットでも映像の視聴が可能です。

映像ファイルをダウンロード

映像ファイルをダウンロード
映像ファイル一括でダウンロード
期間や、映像種別を指定して過去映像を一括でダウンロードできます。

タグ設定

映像ファイルをダウンロード
タグで複数カメラを管理
カメラにタグを設定することで、複数のカメラを効率よく管理することが可能です。

マルチ映像

映像ファイルをダウンロード
複数のカメラ映像の同時視聴
複数のカメラ映像を同時に表示することが可能です。

リピーター分析

リピーター分析
顔認証で再訪問者を分析
顔認証機能を利用して、来客者のリピート率を分析します。

お問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-6435-9003

受付時間(平日09:00〜18:00)

ウェブでお問い合わせ

導入相談などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Google フォームに移動します

資料請求

Ciao Cameraのサービスガイドをお送りします。

お問い合わせ

Google フォームに移動します